やりがいも大きい! 保育士の魅力

やりがいも大きい! 保育士の魅力

「保育士になってみようかな・・・。」


そう思ったあなたは、きっと子どもが好きなのだと思います。


保育士は、大勢の子どもを預かるという責任の重さや、気力・体力のしんどさにくらべると、お給料などの待遇はよくないです。


それでも、保育士の仕事が好きで、続けている人たちもいます。


それだけ、お金だけではない喜びがあるんです。


子どもの笑顔を見ると、心が癒されたり、子どもと話をしていると、つい微笑んだり、吹き出してしまったり、そんななにげないひとときが、保育士さんを支えているんです。


トイレトレーニングで、おむつをはずすのを嫌がっていた子が初めておまるでおしっこできた日とか、子どもの成長を、子どもの喜びを、一緒に喜ぶことができることは、保育士にとって、やりがいを感じる瞬間です。


製作あそびでは、寝る間も惜しんで準備したものを、「先生!楽しかった。またやりたい!」って、キラキラした目で言ってくれると、疲れも吹き飛んでしまいます。


保育士さんは仕事のグチ?も、もちろんありますが、「○○ちゃん、今日こんなに可愛かったんだよ~!」って、毎日話しているんですよ。


保育士の仕事は、やりがいも大きいと私は感じています。



関連記事

  1. 潜在的待機児童ってなあに?
  2. 保育士資格がなくても、保育園で働けるの?
  3. 地域限定保育士って、なあに?
  4. 大学生も保育士資格をとれる?
  5. 資格取得に、年齢制限はあるの?
  6. 反対意見が多い「准保育士」制度
  7. 平成25年度から、試験科目名が改正になりました。
  8. 保育士資格を取得することのメリット
  9. 保育士になるにはどんな資格がいるの?
  10. 社会人になってからでも資格は取れる?