保育士さんの待遇改善が いよいよ始まる!?

保育士さんの待遇改善が いよいよ始まる!?

保育士不足は、年々深刻化しています。資格を持っているのに、保育士の仕事をしていない人は、なんと60万人もいるんです。

政府や自治体は、ようやく重い腰をあげはじめ、ボーナスを出したり、住居を提供したりするところが増えてきました。

ぜひ、これからも待遇改善を進めてほしいですね!


私が思う効果的な待遇改善は・・・

「残業を減らす!」「職場の人間関係を良くする!」

この2つに、力を入れてほしいです。


子どもを預かる時間は、昔に比べてあまりにも長くなり、保護者の対応も難しくなり、小学校などに提出する事務書類も増える一方です。


それなのに、仕事の効率化を検討する余裕もなく、新人をトレーニングする人手もなく、ストレスがたまって職員同士もギクシャクする・・・こういう変化に、現場がついていけていないから、離職も多いのだと思います。

それでも、保育士さんたちは、子どもが好きでがんばっているんですよ~!


ようやく、政府からも、保育所の管理者(所長等)に対し、離職防止につながる人事管理や職場環境改善等の研修費用の助成(所内の相談体制、効果的なOJT、メンタルヘルスなどの研修等)が提言されました。

それから、もっと賃金があがって、男性の保育士も増えていくといいですね。

男女のバランスがもうちょっと良くなれば、人間関係も自然と良くなるのではないかな思います。

男性保育士は、妊娠や出産、子育てなどで、やむをえず仕事を離れることが少ないですし、ぜひ担任から、園長になる男性が出てきてほしいなと思っています。


保育士さんたちの待遇改善は、まだはじまったばかりです。数年後には、「保育士はなかなか働きやすいよ!」と思えるように変わっているかも。


ぜひそうなってほしいですね!






関連記事

  1. 保育園のICT化って何?
  2. 夏の参議院選で、保育士の待遇が争点に!
  3. 幼稚園でも待機児童の受け入れを・・・
  4. 潜在保育士の研修会とは?
  5. 1000円以上の高時給求人が 増えてきました!
  6. 保育ママって なあに?
  7. 保育士さんの収入は?
  8. いま なぜ こども園なのか
  9. どうなる?認定こども園
  10. 認定こども園と保育園・幼稚園の違い