保育士資格を取得することのメリット

保育士資格を取得することのメリット


時給は上向き!

国家資格の仕事のわりには、時給が安いのが大きな問題でしたが、保育士不足解消のため、賃金も少しづつ上がり始めています。

私の住んでいる地方の公立保育所のパート賃金は、時給950円~1100円くらいにまで上がってきました。私立保育園のほうも、徐々に上がってきていて、都市部では1000円前後もありますね。

2時間や4時間といった、短い時間でも高時給というのは、やっぱり資格を持っている人の強みです。

それでも、保育士が集まらなかったら、賃金はもっと上がるかもしれません。
私も、保育士はもっと待遇が改善されてもいいと思ってきました!

これから看護士さんなみに上がって欲しいな~と思っています。

 

平日4時間パート(昼間)、しかも土日祝休みという働き方

夜や土日祝にお休みがとれて、家族との時間も大切にできる仕事って、なかなかないですよね~。

昼間のパートづとめは、希望者が多くて激戦。
土日祝勤務ありのパートばっかりじゃない!とぼやいている人も多いと思います。

でも、子どもが小さいうちや、夫が休日の日には、家にいてあげたいというのも、切実な希望ですよね。

そんな希望をかなえるのが、保育士パートです。

子どもが学校に行っている時間に、お勤めするということが出来ます。
これは、本当に助かるのですよね!

平日の昼間を希望する保育士パートさんも多いですが、今は人手不足なので、探せばきっと希望通りの勤務先が見つかると思います。

 

「資格がある」という安心感

「いざとなったら、保育士資格をつかえば、なんとか仕事はみつかるだろう。」

私にとって、この安心感は、とっても大きかったです。

今すぐ資格を使って仕事をしなくても、まだ頭のやわらかい20~30代のうちに資格をとっておくというのも、いい考えだと思います。

資格は一度とれば、一生使えますし、「いい勉強した!」「合格できた!」という達成感もありました。なので、資格をとって損をしたという気分になったことは、私はあまりなかったです。

女性は。結婚・妊娠・出産・介護などで、しばらく仕事ができない時期もありますよね。

もし、一回お休みをしても、「またきっと働くところがある!」と思えるのが、「資格」の強みだと思います。

 

 

 

関連記事

  1. 潜在的待機児童ってなあに?
  2. 保育士資格がなくても、保育園で働けるの?
  3. 地域限定保育士って、なあに?
  4. 大学生も保育士資格をとれる?
  5. 資格取得に、年齢制限はあるの?
  6. 反対意見が多い「准保育士」制度
  7. やりがいも大きい! 保育士の魅力
  8. 平成25年度から、試験科目名が改正になりました。
  9. 保育士になるにはどんな資格がいるの?
  10. 社会人になってからでも資格は取れる?