私立保育園の募集と採用試験の実際

私立保育園の募集と採用試験の実際


私立保育園に就職するには、どうしたらいいでしょうか。

 

ここでは、パート職員ではなく、正規職員の採用方法についてお知らせします。

 

 

 

私立保育園の職員募集は、毎年6~11月頃、または、新学期間近の2~3月の場合もあります。

 

ハローワークの求人情報をチェックしてみましょう。早く就職を決めたい気持ちもあるでしょうが、2~3月頃の採用試験もいい職場がたくさんでます。

 

私立保育園の採用試験は、その園独自の内容で行われます。試験監督は、園長先生や主任保育士の先生たちです。面接と実技テストが多く、特に面接は大きなウェイトを占めます。

 

 

 

いくつか気をつけることを挙げますと・・・

 

  1. 髪の毛が長い場合は、必ず結んでいきます。染髪ではなく黒髪のほうが印象が良いです。ピアスなどのアクセサリーやネイルはつけないようにしましょう。化粧も、あまり濃くない方が良く、つけまつげはやめましょう。これは、就職してからも同じです。清潔で明るい印象が大切です。

  2. 試験官の目をみて、話したり、挨拶をしたりしましょう。小さな声ではなく、ハキハキと話します。

  3. 礼儀作法も見られています。イスや床に座っているとき、膝を大きく広げていたり、机にひじをついたりしないように気をつけましょう。実技試験の時、試験官から「みなさん立ってください。」「こちらに集まってください。」などの指示があったら、ダラダラせずにぱっと動きます。「ハイ。」と返事をするのもいいですね。

  4. 他の受験生が話をしたり、実技をしたりしている時も、相手の話をよく聞いたり、実技を見守ったりしましょう。友だちを応援するように子どもたちに教えます。その見本になれるかどうかを見られています。

  5. 試験が終わったら、「ありがとうございました。」と笑顔でお礼をいいましょう。試験官の先生たちは、忙しい仕事の中で採用試験をしています。こういった気持ちの良い挨拶をされると、とても心が和むのです。

 

実技試験は、数年間同じ内容で出題されることもあります。

 

 

 

受験したい園に、学校の先輩などがおられたら、どんな試験内容だったかを聞いてみるのもいい案です。

 

他にも、小論文や一般教養がある園もあります。それから、「なぜ、この園を選んだか。」という質問は必ず出ると思います。

 

受験する園が一番力を入れていることを、園のホームページなどを見て確認しておきましょう。

 

 

関連記事

  1. 保育士派遣・紹介会社へ登録しよう!
  2. 保育士の転職・求人情報は、ここでみつけよう
  3. 保育士さん 復職して!! 国がさらなる支援策を発表
  4. 病児保育・病後児保育ってなあに? ~パート3~
  5. 病児保育・病後児保育って、なあに? ~パート2~
  6. 病児保育・病児後保育って、なあに? ~パート1~
  7. 公立保育所の民営化って なあに?
  8. 保育の現場を詳しく知りたい! ~人材紹介・派遣会社のHPを利用しよう!~
  9. 保育士紹介会社のメリット
  10. 保育士派遣会社のメリット