認定こども園と保育園・幼稚園の違い

認定こども園と保育園・幼稚園の違い


 

「認定こども園」という言葉が聞かれるようになりました。

 

「幼稚園」や「保育園」とどう違うのか、まとめてみますね。

 

 

 

 

 

 

 認定こども園  保育園  幼稚園
 預る子ども  0才~5歳
希望者
 0歳~5歳
親が働いているなどで保育に欠ける子ども
 3歳~5歳
希望者
 保育料  園が決定  収入に応じて役所が決定  園が決定
 入園申込先
(契約)
 こども園  市町村 公立は市町村
私立は幼稚
 預かり時間  7:00~19:00頃まで
4時間の短時間部と8時間の長時間部、早朝・園料保育含む
7:00~19:00頃まで
早朝・延長保育含む
 8:30~14:00
 昼食  給食または弁当
3歳以上は外注化可能
 自園 給食  弁当
 先生の資格 ・幼稚園教員免許
・保育士(両方必要)
 ・保育士  ・幼稚園教員免許

 

公立や私立、認可保育所、認可外保育所で、さらに違いがあるのですが、ここではわかりやすいようにしてみました。

 

こども園の特徴は・・・

 

  1. 親が働いていなくても、預けられる。
  2. 毎日4時間、幼稚園教育を受けられる。
  3. 7時~20時までの長時間も預けられる。
  4. 午後2時に迎えに行く短時間部にするか、午後4時以降に迎えに行く長時間部にするかは、親の希望で決められる。
  5. 保育料は、こども園が決める。入園の申し込み、入園の決定もこども園が行う。短時間部は保育料が安く、長時間になると預かり保育料が必要になる。

 

幼稚園と保育園の「いいとこどり」ですね。

 

 

ですが、実際には「認定こども園」の数は、予定ほど増えていないのです。なぜでしょうか?

 

次の記事でお知らせします!

 

関連記事

  1. 保育園のICT化って何?
  2. 夏の参議院選で、保育士の待遇が争点に!
  3. 幼稚園でも待機児童の受け入れを・・・
  4. 潜在保育士の研修会とは?
  5. 1000円以上の高時給求人が 増えてきました!
  6. 保育士さんの待遇改善が いよいよ始まる!?
  7. 保育ママって なあに?
  8. 保育士さんの収入は?
  9. いま なぜ こども園なのか
  10. どうなる?認定こども園