夏の参議院選で、保育士の待遇が争点に!

夏の参議院選で、保育士の待遇が争点に!

「いや~、こんな日が本当に来たのですね~!」

今まで、保育士の待遇改善など、選挙の争点にあがったことがありましたっけ・・・。

ちなみに、保育士の待遇をもっと良くしてほしいという声は、もうずっと前からあったのです。

でも、あきらめてたのですね。どこかで。

保育園には、シングルマザーや経済的に厳しいご家庭の子どもさんもおられます。

もともと、「保育が今すぐに必要」という人々の願いでできたのが保育園なのですから。

そのため、給料が少ないと疑問に思っていても、そういうものかなと、なかなか言い出しづらい雰囲気があったのです。

働く保育士の方も、お金を稼ぐこと以外のなにか・・・。

例えば、子どもの笑顔や成長だったり、お母さんたちの苦労を分かち合うことだったり、そういう喜びを共感できるのが、仕事のやりがいであると
思っていることもあって、保育業界全体が、ボランティア精神のようなところで成り立ってきたのですね。

でも、家庭をもつと、生活費もいりますし、自分の子どもも見なければならないし、いくら保育の仕事が好きでも、続けていくことが難しいのです。

そんな潜在保育士や、これから保育士になりたいと考えている人には、この選挙はビックチャンスですね。

各党の政策を良く聞いて、実現可能で保育士の待遇が本当に改善されると思える人に、票を入れたいですね。

また、選挙にむけて保育士たちも、処遇改善の訴えを起こしています。

賃上げ以外にも、保育士の悩みはたくさんあります。

長時間労働や休みを取りづらいこと、モンスターペアレントの対応、子どもの命と安全を守る責任の重さ、職場の人間関係、保育の合間に行う事務や書類などなど。

ぜひ、現場の保育士たちの声を聞いて、どうしたら保育士が増えるのかを一緒に考えて下さい。


夏の選挙が、保育士不足解消の大きな一歩となりますように!


関連記事

  1. 保育園のICT化って何?
  2. 幼稚園でも待機児童の受け入れを・・・
  3. 潜在保育士の研修会とは?
  4. 1000円以上の高時給求人が 増えてきました!
  5. 保育士さんの待遇改善が いよいよ始まる!?
  6. 保育ママって なあに?
  7. 保育士さんの収入は?
  8. いま なぜ こども園なのか
  9. どうなる?認定こども園
  10. 認定こども園と保育園・幼稚園の違い