保育士さん 復職して!! 国がさらなる支援策を発表

保育士さん 復職して!! 国がさらなる支援策を発表

たびたび取り上げてきた保育士不足問題ですが、解決に向けて、厚生労働省が緊急策を発表しました。

保育士資格を持っていて、保育の仕事をしていない人たち(潜在保育士)への「貸付金制度」や「保育所への優先入園」


潜在保育士って、全国に約70万人もいるんです!

その潜在保育士の復職を促すために、就業を決めた保育士に、1人あたり15万~20万円が貸し付けてもらえる制度が新設されます。

都心部は特に保育士が足りないので、引っ越し代や、家賃など、必要なお金を先に貸すので、ぜひ地方からも都会に働きに来てほしいということでしょうか。


また、家の近くの保育園に勤めても貸付金はあると思います。

もともと保育士は、給与が低いという不満も多いので、それをなくしていこうという試みだと思います。

保育士として2年ほど勤務すれば、返済は免除されるようです。


また、就業した保育士の子どもが、勤務先の保育所や近隣の保育所に優先して入れる仕組みや、保育料の軽減などを行い、保育士さんが仕事と育児を両立しやすい環境を整えていくということです。

この制度は、これからスタートするので、細かなところは、まだわからないところもありますが、私はないよりもあったほうがいい制度だと思います。


ただ、「2年働かないと返済は免除されない。」というところには、注意が必要かなと感じます。

保育士の仕事は残業が多く、長時間労働と子どもを預かるという責任の重さから、ストレスがたまりやすい仕事です。

それも原因なのか、人間関係が悪い園もあります。

こういう園に就職してしまうと、2年たたないうちに退職→貸付金の返済が免除にならないというケースも出てくるのではと思います。


保育料や保育園の優先措置も同じで、仕事をすぐ辞めてしまうと優遇措置はどうなるのか、気になるところです。

すぐに保育士を辞めてしまう人を「やる気がない」「根性がない」と捉える人もいるかもしれません。


でも、実際に現場で働いてみると、生まれて6ヶ月ほどの赤ちゃんや、まだ見守りが必要な子どもたちを預かるということが、どれだけ大変な仕事かがわかります。

長時間労働で疲労をためない、持ち帰り残業が少ない、人間関係がよく勤めやすいなど、働きやすい園を探すことは、大切ですよね。

こんな時に味方になってくれるのは、保育士専門の紹介・派遣会社です。

同じ会社から就業してるスタッフがいれば、就業先の様子もよくわかりますし、新制度についても、新しい情報がいち早く流れますので、ぜひ登録をおススメします。




関連記事

  1. 保育士派遣・紹介会社へ登録しよう!
  2. 保育士の転職・求人情報は、ここでみつけよう
  3. 病児保育・病後児保育ってなあに? ~パート3~
  4. 病児保育・病後児保育って、なあに? ~パート2~
  5. 病児保育・病児後保育って、なあに? ~パート1~
  6. 公立保育所の民営化って なあに?
  7. 保育の現場を詳しく知りたい! ~人材紹介・派遣会社のHPを利用しよう!~
  8. 保育士紹介会社のメリット
  9. 保育士派遣会社のメリット
  10. 保育士求人の、ここをチェック