保育園のICT化って何?

保育園のICT化って何?

ざっくりと言えば、もっとITを活用して、保育士の仕事を効率化しようという取り組みです。

政府が、補助金を出すことが決まり、導入する保育園も増えてきました。

最近では、CMも見られますね!(くま先生っていうCMです)


保育園は、小・中学校と違って、事務員を雇っているところが少なく、園だよりを作って印刷したり、預かり保育の日数計算、集金など、本当に細々とした事務を、主任や担任が、手分けして行っています。

いまどき手書きで、そんなに丁寧にやるの?という保育園も珍しくないんですよ。

そして、それが長時間労働の大きな原因にもなっているのです。

ですが、1年中、長期の休みもなく子どもを預かっている保育園側としては、業務を効率化したいと考えていても、それを検討したり、IT研修をする時間すらないのです。


保護者の中には、手書きでの連絡帳でのやり取りの方が「アットホームな感じでいい。」とか、「昔はもっと手が込んでいて、先生たちの愛情を感じた。」とか、そういう意見も多いのです。

また、導入に際して保護者に説明する必要もあります。今は、多くの保護者がスマホを持っていますが、中には持っていない家庭もあるかもしれません。

特に保育園は、経済的に厳しい家庭の子どもたちを優先して預かることが、そもそもの成り立ちだったわけですから、入園に際して、「スマホを買って下さい。」というのはちょっと違うような気もします。

スマホで園からの便りを送ったり、子どもの出欠の連絡する方法でいいのか、納得してもらえるかなどを検討しなかればならないわけで、導入にイマイチ乗り気ではなかったのも、仕方がないことではと思います。


ですが、政府が率先して、ICT化することを奨励し、補助金もでるようになりました。

これは、大きな変革です。何もかも昔のようにやるのではなくて、もっと効率化できることは、そうしよう!という機運が高まってきています。

これから、就職先を探す方は、ICT化がはじまっている園と、そうでない園に分かれると思います。

どちらにも、いいところがあると思いますが、時代はICT化に進んでいます。私は、保育士の持ち帰り残業や、長時間勤務がなくなるのなら、ICT化大賛成です。

なぜなら、こころや体の健康をくずして、離職する保育士を減らせるからです。

給与面も改善の兆しが見えていますが、仕事の内容も、もっと見直して、保育士さんたちが働きやすい職場をつくってほしいなと思います。




関連記事

  1. 夏の参議院選で、保育士の待遇が争点に!
  2. 幼稚園でも待機児童の受け入れを・・・
  3. 潜在保育士の研修会とは?
  4. 1000円以上の高時給求人が 増えてきました!
  5. 保育士さんの待遇改善が いよいよ始まる!?
  6. 保育ママって なあに?
  7. 保育士さんの収入は?
  8. いま なぜ こども園なのか
  9. どうなる?認定こども園
  10. 認定こども園と保育園・幼稚園の違い