保育士資格がなくても、保育園で働けるの?

保育士資格がなくても、保育園で働けるの?


最近の保育士不足をうけて、政府が緊急策を発表しました。

 

 

厚生労働省は、保育士の配置基準に関する緩和策をとりまとめた。規制緩和で深刻な保育士不足を和らげたい考えだ。

 

今年度中に省令を改正し、2016年4月から新ルールを適用する。

  1. 保育士2人以上の配置を義務付けている現行ルールを変更する。子どもの少ない朝夕に限り保育士1人に加え、研修を受けた保育ママなど資格を持たない人での保育を認める。子どもが多い日中に多くの保育士を配置して、手厚く保育できる効果が見込まれる。
  2. 配置する保育士数の3分の1以下ならば、幼稚園や小学校の教諭、養護教諭による保育も可能になる。幼稚園教諭は3~5歳児、小学校教諭は5歳児を主に保育し、養護教諭は年齢にかかわらず保育できる。幼・保・小が接続して保育や教育を提供しやすくなる。

《引用 日本経済新聞》

 

これが、ネットなどで「保育士が無資格でもできるようになる。」と報じられていて、反発をうけていますね。

 

政府の案を、私なりに解説してみますと・・・

  1. 早朝保育、延長保育の時間は、ひとつの部屋で0~5歳児を見ていることが多く、子どもの数も少なかったり、外遊びや行事の指導などがないことも多い。今までは「保育士最低2名」の配置が義務だったが、そのうち1人は、研修をうけた保育ママができるようにする。そうすることで、資格を持った保育士が、早朝・延長保育に入るのを減らすことができ、日中の保育により多く入ることができる。
  2. 保育士免許を持っていなくても、幼稚園教諭免許があれば3~5歳の、小学校教諭免許があれば5歳児の、養護教諭免許(いわゆる保健の先生)があれば0~5歳児の担任をすることができる。ただし、幼・小・養護免許の先生たちは、職員の3分の1以下にすること。

できるだけわかりやすくかいてみたのですが、いかがでしょうか?

 

1.のほうは、納得できる部分もあるけれど、大丈夫かな~?と疑問に思うこともありますね。

 

早朝や延長保育は、安全に子どもを預かるという部分が大きい仕事です。

 

資格があり、保育指導のできるベテラン保育士さんを、早朝や延長保育から外してあげれば、その分不規則な勤務が少なくなり、日中の保育に集中できるメリットがあります。

 

ただ、早朝や延長も、保護者から子どもの体調などを担任に引き継いだり、母親と離れるのに泣く子どもをあやしたり、夜、親のお迎えを待つ子どもたちを、安全に見守り、保護者にバトンタッチするなど、かなり気を使うお仕事です。

 

これは私の考えですが、保育ママの研修も現場実習・救急看護・保護者対応あたりはしっかりとやったほうがいいと思います。

 

保育ママも、初めは保育補助などで、保育士が多い時間帯に入る方が、フォローしてもらえて安心なのではないのかなぁと思ったりもしますね。

 

2.のほうは、保育士確保の劇的な効果は少なさそうです。

 

20代・30代の保育士さんたちは、幼稚園免許も一緒に持っている方がほとんどです。40代に以上になると、幼稚園免許だけという方がいるかもしれないですが・・・。

 

幼稚園免許もっていたら、もう保育士資格とらなくてもいいから、スグに働いて!っていう感じでしょうか。

 

小学校免許や養護教諭免許となると、小学校で働く方が、お給料もいいのに、わざわざ保育園に来る人がいるのだろうか?という疑問が・・・。

 

もっと子どもの幼児期からやってみたいという人に期待!という感じでしょうか。

 

小学校→保育園にジョブチェンジされる方は、慣れるの大変だろうな~とは思いますが、中には保育園の方が合う人もいるでしょうね。

 

今、保育士資格をとろうか悩んでいる方は、やっぱり資格があったほうが断然有利!と私は思います。

 

勉強した時間が無駄になるなんてことは、絶対にありませんよ。

 

 

 

関連記事

  1. 潜在的待機児童ってなあに?
  2. 地域限定保育士って、なあに?
  3. 大学生も保育士資格をとれる?
  4. 資格取得に、年齢制限はあるの?
  5. 反対意見が多い「准保育士」制度
  6. やりがいも大きい! 保育士の魅力
  7. 平成25年度から、試験科目名が改正になりました。
  8. 保育士資格を取得することのメリット
  9. 保育士になるにはどんな資格がいるの?
  10. 社会人になってからでも資格は取れる?