所沢市育休退園の問題って・・・ part1

所沢市育休退園の問題って・・・ part1

大きなニュースになりましたね。

私なりに、双方の主張をまとめてみました。

保護者側の主張

・所沢市では、これまで育休中の人も継続して保育園に通っていたのに、「子ども・子育て支援法」ができたら、育休退園をはじめるという。他市では、育休退園をなくすように検討している市もあるのに、子育て支援に逆行している。

・「子ども・子育て支援法施行規則」の「保育施設を引き続き利用できる場合」に該当し、市の運用は解釈・適用を誤っていて、違法である。育休中の保育園継続もありうると書かれている。

・一旦、退園してしまったら、次に同じ園に戻れる保証はない。待機になってしまったら復職できない。産み控えが増え、ますます少子化になってしまう。

・子どもも、保育園に慣れてきて、友達とのかかわりなど社会性も身についてきているので、退園して家で過ごすことは、子どもの成長にもよくない。

・育休は、休暇ではなく、下の子の出産とともに、次の職場復帰への準備期間で就労の一形態。

・育休をとる人の子どもを退園させて、待機児童を入園させても、待機児童解消の根本的な解決にならない。


所沢市の主張

・所沢市では、これまでは園長の判断で、育休中も保育継続ができるかを決めてきたが、「子ども・子育て支援法」ができ、育休中の保育継続を市が判断することになった。

待機児童も多数いることから、より保育の必要性がある家庭から入所してもらえるように制度を変えた。

・子ども・子育て支援新制度では、保育を必要とする事由に「育児休暇中に既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること」が明記された。これは、現行制度における取扱いを踏まえ、


  1. 次年度に小学校入学を控えているなど、子どもの発達上環境の変化に留意する必要がある場合

  2. 保護者の健康状態やその子どもの発達上環境の変化が好ましくないと考えられる場合など市町村が児童福祉の観点から必要と認めるとき。

とされている。

・所沢市の場合は、3~5歳の子どもたちは育休中でも継続利用ができる。さらに、育休退園せず保育を継続できる事由として「出生児の疾病」「出産した母親の疾病、障害」「多児出産」など5つの項目をあげ、保育環境が困難な母親への配慮を行っている。

・育休後には、元の園に戻れるように配慮し(指数上の加算)、育休中も、一時預かりなどの支援をしていく。


できるだけ簡潔にまとめたので、興味のある方はぜひご自分でも調べてみて下さいね。

で、私は、この問題をきいたときから「これは賛否両論だろうなぁ・・・。」と思っていました。

そして、この問題を考えるのに、そもそも保育園とは、なんのために、いつどうやってできたのかというところから、現在に至るまでを考えたいと思ったのです。

なぜなら、育休退園問題に対する意見の中には、「そもそも保育園は《保育に欠ける》子どもをみるところ」「本当に保育を必要としている家庭を優先するべき」「保育所は社会のセーフティネット」という声も多くありました。

これらの意見の持ち主は、「保育は福祉である」ということを、強く意識しておられるのですね。

私もこの意見に賛成ですし、そう教えられてきました。今も保育士資格の勉強をするときには、必ず出てくる内容です。

つまり保育所の文化というか、理念(スピリット)みたいなものは、脈々と受け継がれていると思います。

そこに、「女性の社会進出(共働き)」「少子化」という新たな時代がやってきた。そんな感じがしていました。

それを、どう記事にしたらいいか、あちこち資料をさがしていましたら、素晴らしい記事を発見しました。保育の過去から現在までを、わかりやすく解説して下さっています。

待機児童問題を考える前に、そもそも保育園の歴史を振り返ってみようか
http://komazaki.seesaa.net/article/348576326.html

今回の問題にあたって、今現在、保育の現場で格闘している人々は、あまり意見を述べていないように思います。

保育を利用する立場の人は、いろいろ書かれているんですけどね。「待機児童の真の解消は、保育所をもっとつくること!!」と・・・。

その意見を読むたびに思うのですが、いったいどこからそのお金が出てくるのでしょうか?保育所を増やせたとしても、その保育園は、どうやって誰が運営していくのでしょうか?

そして、何より・・・保育士は集まるのでしょうか?

この問題については、来月にも、記事を書いてみたいと思います。




関連記事

  1. 保育園義務化はできるのか?
  2. 所沢市育休退園の問題って・・・ part2
  3. 保育士の残業を減らしたい!!
  4. 保育士から違う仕事に転職できる?
  5. 職場の人間関係は、どんな感じ? ~よい職場をみわけるコツ~
  6. 仕事とオフの切り替えをしよう!
  7. 保護者さんの対応って大変ですか?
  8. 悩みすぎないことも大切です!
  9. どうしたら時間をうまく使える?
  10. いろいろな講習会に行ってみよう!