男性でも保育士になれる?

男性でも保育士になれる?


男性の保育士さんも、採用されます。大丈夫ですよ!

 

しかし、男性保育士さんは、まだまだ少ないのが現状です。私は、もっと男性保育士もいてほしいと思うのですが・・・。

 

なんといっても、大きな壁になっているのが、収入です。女性の場合、結婚、出産、介護などで、残念ながら職を辞さなければならないこともあります。

 

しかし男性は、働いて家族を養っていくことを求められるのが、今の日本です。

 

 

保育士で長く働き続けることができ、しかも家族がもてるだけの収入を得られる園というと、公立の保育所がほとんどとなるでしょう。

 

私立で、定年まで働きつづけることができ、それなりの収入を得られる園は少ないと思います。私立園では、仕事の力量があるかないか早くから将来性を試されます。

 

そして、将来の「主任保育士候補」は抜擢され、それ以外の人は、そこそこの年齢で辞めていくように、肩たたきがあったり結婚退職前提だったりする園もあります。

 

 

しかも、男性保育士が採用されるようになってから、まだ10~20年ほどしか経っていません。

 

ですから、新卒から保育士として働いている男性保育士が、力量をかわれて主任や園長になった!という事例があまりないのです。もう少ししたら、きっと保育現場たたき上げの男性主任や園長が出てくると思うのですが・・・。ぜひ、そうなってもらいたいものです。

 

 

ほかにも、次のようなことに、男性保育士さんは引け目を感じやすいようです。

 

乳児さん、まれに幼児さんの中には、母親との一体感が強く、男の人は苦手という子どもさんもいます。家庭で、父親があまり育児参加していない子どもさんなどは、まず女性の保育士のほうになつき、それから男性保育士に親しみを持つといった場面も見られます。

 

 

また、ピアノを習ったり、子どものおしめを替えたり、ままごとをして遊んだりということは、女性のほうがする機会が多く、男性は初めてといったことも多いでしょう。

 

それから、子どもを送迎する保護者も母親が多く、相談事(またはちょっとした愚痴)は、女性保育士のほうが話しやすいということもあります。

 

 

これらは、今の社会で育児に参加している男性が少ないということの裏返しだと思います。ですが最近は「イクメン」も増えてきましたし、今後は変わっていくのではないでしょうか。

 

 

 

男性で保育士になりたい方は、まず公立園の採用試験を狙いましょう。もし難しければ、男性保育士がすでに採用されている園に行くのもオススメです。

 

できれば、5年以上続けている男性保育士がいる園がいいですね。悩み事も相談しやすいと思います。

 

保育園にとって初めての男性保育士だった場合、あなた自身が男性保育士の歴史を作っていくのかもしれません。

 

子どもと思いっきりドッチボールをしたり、こま回しで腕を競ったりする活発な男性保育士さん、いつもおおらかで優しい雰囲気の男性保育士さんなど、一人の人間としての良さがあります。保育は決して女性しか出来ない仕事ではありません。

 

男性保育士さんは、これからも増えていくと思います。男なのにという偏見もなくなっていくでしょう。子どもが好きな男性の方、ぜひ保育士にチャレンジしてくださいね!

 

関連記事

  1. 潜在的待機児童ってなあに?
  2. 保育士資格がなくても、保育園で働けるの?
  3. 地域限定保育士って、なあに?
  4. 大学生も保育士資格をとれる?
  5. 資格取得に、年齢制限はあるの?
  6. 反対意見が多い「准保育士」制度
  7. やりがいも大きい! 保育士の魅力
  8. 平成25年度から、試験科目名が改正になりました。
  9. 保育士資格を取得することのメリット
  10. 保育士になるにはどんな資格がいるの?