私に出来るかな?と思ったら身近な子ども達と関わる事から始めよう!

保育士の資格・試験・通信講座・求人・仕事・悩みetc、なぜなに?質問館 > 保育士になりたいというあなたへ > 私に出来るかな?と思ったら身近な子ども達と関わる事から始めよう!

私に出来るかな?と思ったら身近な子ども達と関わる事から始めよう!


社会人になってから、保育士資格を取ってみようかなと考えている人の中には「本当に自分が保育士をやっていけるのだろうか。」と悩む人も多いかと思います。

 

特に、子育てをしたことのない人にとっては、保育園は未知の世界です。悩むのが当たり前だと思います。

 

 

そういった方にオススメなのが、子ども相手のボランティアを体験してみることです。

 

お近くの「子育て支援センター」や「公民館」に行くと、0~3歳児向けの子育て支援活動や子育てサークルについて教えてもらえたり、活動内容をお知らせするパンフレットなどが置いてあると思います。

 

サークルの代表者の方や館の職員さんなどに、ボランティアができるかを聞いてみましょう。見学だけでも、よい経験になると思います。

 

 

また、図書館が活動拠点になって「お話の読み聞かせ」をしている地域もあります。

 

お話サークルは、近くの保育園に行って子どもたちに読み聞かせをすることもあります。絵本やお話が好きな人が多いので、子どもがいない人でも気軽に参加できます。お近くの図書館で、そういった活動があるかどうか聞いてみるのもいいと思います。

 

若い世代向けのフリーペーパーや市の広報誌などでも、子育てサークルや託児ボランティア募集の案内が載っていることもありますので、チェックしてみましょう。

 

 

いきなりボランティアは、ちょっと勇気がいるなと感じる方は、自分の身近な人や友達の子どもさんで、保育園に通わせている人を探しましょう。

 

保育園では、夏祭りや運動会、作品展、発表会など、大勢の保護者が参加できる行事がいくつかあります。こういった行事に参加させてもらうのです。

 

 

最近は保護者に名札を配ったりして、一般の参加者に注意を払う園も出てきましたが、保護者に一緒に行ってもらえれば大丈夫です。(ただし、通常の保育日や参観日は難しいと思います。)

 

子どもを育てた経験のある人は、アルバイトでより保育士に近い経験をすることも出来ます。

 

 

例えば、美容院や住宅展示場などで、お客様の子どもさんの相手をしたり、小学校1年生の学習や生活を見守る支援員、ベビーシッターなどの仕事には、保育士資格がなくても、子育て経験があればOKというものもあります。

 

 

ハローワークの求人をみたり、ベビーシッター派遣会社に登録しておくと、仕事が見つかります。

 

私に出来るかな・・・と悩みながら、資格試験の勉強しつづけるのは苦しいと思います。また、実際に小さい子どもたちとかかわってはじめて、教科の内容を理解できることもあります。

 

資格の勉強を始める前に、また勉強をはじめてからでも、子どもに実際にかかわってみることを大切にして下さいね。

 

 

関連記事

  1. 潜在的待機児童ってなあに?
  2. 保育士資格がなくても、保育園で働けるの?
  3. 地域限定保育士って、なあに?
  4. 大学生も保育士資格をとれる?
  5. 資格取得に、年齢制限はあるの?
  6. 反対意見が多い「准保育士」制度
  7. やりがいも大きい! 保育士の魅力
  8. 平成25年度から、試験科目名が改正になりました。
  9. 保育士資格を取得することのメリット
  10. 保育士になるにはどんな資格がいるの?