ピアノは弾けないといけないの?

ピアノは弾けないといけないの?


ピアノは弾けないといけないの?小さい頃から習っていないとだめなわけではありません。大丈夫ですよ!

 

養成校に進むみなさんへ

学校でピアノを習います。ピアノも学校に備品としてありますので、それを利用してレッスンしましょう。

 
ピアノは、指の訓練を繰り返して、弾けるようになります。

 

小さい頃から習っていた人は、いとも簡単に弾けるように見えますが、あれも指を動かす訓練のたまものです。

 

まだ若い学生時代に、何度も鍵盤にふれることで、必ず上達します。

 

今現場に立っている先生方の中にも、養成校からピアノをはじめたという人がたくさんいます。

 

正規職員になる場合、採用試験でピアノがある場合が多いでしょう。多くはバイエルというピアノの初級本からの出題プラス童謡の弾き歌いとなります。

ですので、養成校の間に、子どもたちが好きな手遊びや童謡が弾けるようにしておくと、試験やまた就職してからも、とても役に立ちます。

 
また、お近くのピアノ教室に通うのもオススメです。特にバイエルの課題曲はプロの先生に教えてもらいましょう。自己流では、音を間違って覚えてしまう可能性もあります。

 

採用試験のため、また、就職してからも自分の実技のために、ピアノのレッスンに通う先生方もたくさんおられます。

 

さて、保育園の中には、鼓笛隊や鍵盤ハーモニカ、リトミックなどの音楽教育に力を入れているところもあります。

 

このような園では、採用試験の課題曲が、バイエルより難しくなっている場合もあります。

 

例えば「ソナチネ・ソナタ」程度と書かれている求人は、相当のピアノの腕前を要求されます。もし「ピアノはそれほど得意ではない。」と感じているのなら、採用試験のピアノ課題曲を見て、自分に合うかどうかを判断しましょう。

 

基本的に、正規職員としての採用を希望する方は、「弾けなくてもいい」ではなく、「レッスンをする」ことを考えてください。試験でも、「弾けません」ではなく、「今、弾けるようにレッスンをしている」というだけで、印象も大きく変わります。

 

小さい頃から習っている人のほうが上手いのは、保育士の先生方なら誰でも知っています。しかし、ピアノが上手だったら、いい保育士になれるというものでもありません。

試験では『どれだけ努力しているか』を見られていると考えて下さいね。

 

社会人になってから、保育士試験を受ける方

保育士試験の実技は、得意の2科目を選べますので、ピアノが弾けなくても試験はクリアできます。

 
就職しても、特に時間の短いパート保育士としての就職を希望する方は、ピアノは弾けなくても大丈夫です。採用試験も面接が主になります。

 

せっかく保育士試験を通ったので、クラス担任をしてみたいと考えている方や、8時間の雇用を希望する方は、弾けるとかなり役立ちますので、できるならピアノ教室などで、レッスンして下さいね。

 

小規模な園や、ベビーシッターなど仕事では、ピアノが備品としてない場合もあります。園の様子や仕事の内容などをよく見て、自分に合うものを考えましょう。

 

 ワンポイント アドバイス

自分の技術を磨くために、わざわざ時間やお金をさいてピアノ教室に通うのは、大変だと思いますが、レッスンを受けると本当に上達します!

 

私も、実は30歳をすぎたころから、ピアノが一段と下手になり・・・。譜面も、一個一個音符を指ささないと読めない感じ・・・。

 

若い人たちに、かなわなくなってきました。そこで、一念発起してピアノ教室に通ったのですが、これが大正解!!なぜなら、譜面の読み間違いを直してもらったり、もっと簡単に弾けるように楽譜を直してもらえたりしたからです。

 

市販の譜面は、簡単だったり難しかったりして、なかなか自分にぴったり!というものがないですよね。しかも、最近は、おしゃれな曲が多くて、まず耳で聞かないと、譜面だけで曲の感じをつかめなかったりするのです。

 

しかし!ピアノの先生は、さすがプロでいらっしゃいます。譜面をみたら、すぐに弾けるのですねぇ。

 

ですから、曲を感じをつかむのに、よく先生に弾いてもらってました。それを聞いてレッスンは終わりなんていうことも・・・。

 

最近のピアノ教室は、さまざまな生徒さんに対応しておられますので、はじめに「保育士むけのレッスンをしてほしい。」と伝えておくと、それほど練習していかなくても?大丈夫だったりします。もちろん、試験曲だけのレッスンでもOKです。

 

毎日忙しくて、ピアノの練習どころじゃなぁい!というのが現実です。ピアノのレッスンは週に一回または隔週で、時間は30分程度です。短い時間でも、ピアノの鍵盤にふれる時間を持ちましょう。

 

楽器は何でもそうですが、毎日さわることで上達します。「弾けないから嫌だなぁ。」と悩んでいるヒマがあるなら、レッスンをうけて上達するほうが、はるかに前向きだと思いますよ。

 
特に若い人たちは、まだまだ指の筋肉も譜面を読む能力も、衰えていません。学生時代も忙しいですが、就職すればもっと忙しくなります。若いうちに、ピアノにいっぱいふれてみてくださいね!

 

 

関連記事

  1. 保育園義務化はできるのか?
  2. 所沢市育休退園の問題って・・・ part2
  3. 所沢市育休退園の問題って・・・ part1
  4. 保育士の残業を減らしたい!!
  5. 保育士から違う仕事に転職できる?
  6. 職場の人間関係は、どんな感じ? ~よい職場をみわけるコツ~
  7. 仕事とオフの切り替えをしよう!
  8. 保護者さんの対応って大変ですか?
  9. 悩みすぎないことも大切です!
  10. どうしたら時間をうまく使える?