潜在保育士の研修会とは?

潜在保育士の研修会とは?

待機児童解消に向けて、何よりも大切なことは「保育士の確保」です。どこの市町村も、頭を悩ませているのではないでしょうか。

実際、これからは少子化になっていくので、短大や専門学校を出て、保育士になろうという若い保育士の卵は、減っていくんです・・・。

しかも、若い保育士さんたちも、出産したら、自分の子どもは自分で育てたいと考えている人もいますし、子どもを預けて復帰したい人もいます。

それを考えると、保育士の数は、もう全く足りないといってもいいくらいなんです。

そこで、一番頼りにされているのが、すでに子どもさんが大きくなった方たちです。子育て経験もありますしね。

40代でも、大歓迎だと思います。

特に、保育士の数が必要なのは、3歳以下です。

子どもが本当に小さいうちは、ピアノが弾けるとか絵画の指導ができるとかよりも、安全に、温かくかかわりながら、基本的な生活習慣・・・いわゆる躾ができることが大切なのでしょうね。

そこで、県や各市町村、保育士の派遣・紹介会社でも、「潜在保育士のための研修会」というものが、行われるようになってきました。

資格を持っていないと参加できないことが多いですが、「資格がなくても興味がある方はどうぞ。」というところもあります。

内容も「保育園の見学・一日実習」「ブランクの不安を解消する」「手遊び」など、さまざまな内容で行われています。

引用)全国の自治体で開催されている潜在保育士向け研修一覧 (http://www.e-hoikushi.net/column/31/

興味がある方は、ぜひ一度参加されてみてはいかかでしょうか?

ちなみに、参加したから、絶対に保育士として勤めなければならない、というわけではありませんよ。ご安心くださいね!

関連記事

  1. 保育園のICT化って何?
  2. 夏の参議院選で、保育士の待遇が争点に!
  3. 幼稚園でも待機児童の受け入れを・・・
  4. 1000円以上の高時給求人が 増えてきました!
  5. 保育士さんの待遇改善が いよいよ始まる!?
  6. 保育ママって なあに?
  7. 保育士さんの収入は?
  8. いま なぜ こども園なのか
  9. どうなる?認定こども園
  10. 認定こども園と保育園・幼稚園の違い