保育士さんの一日の仕事

保育士さんの一日の仕事


保育士さんの一日の流れ

保育士さんの一日は、どんな感じなのでしょうか。ここで、簡単に説明しますね。

 

保育士は、早番と普通番・遅番というシフトに分かれています。時間は各保育園のよって違います。例えば、7時~16時・8時30分~17時30分・10時30分~19時30分などです。

 

園によっては、早番・遅番のパート保育士がいる場合もあります。その場合は、月に何回か早番と遅番がまわってきます。パートさんと一緒に早番と遅番に預かる子どもたちを看ます。

 

時間割にしてみると、こんな感じです。

 

7:00~8:30 朝早く登園する子どもたちは、ひとつの部屋で8時30分頃まで早番担当の保育士と過ごす。
8:30~8:40 普通番の職員で、職員会議 全員が揃うことは難しいので、会議内容は口頭やノートで伝達される
8:40~9:00  年齢別の保育室に、子どもたちが登園してくる。全員が揃うのが9時ぐらい。
9:00~10:00  設定保育。子どもたちは、朝が集中できる時間なので、この時間帯に、朝の集い(出席と健康観察)や製作活動・体操・など、クラスで活動する。
10:00~10:30  乳児さん(0~1、2歳)はヨーグルトなどの簡単なおやつ。
10:30~12:00  乳児さんは、毎日近くにお散歩にいくことが多いです。保育園によっては、異年齢保育といって、3・4・5歳の縦割り保育をしているところもあります。 晴れていれば戸外で、雨の日は室内で、好きな遊びをします。子どもが好き放題にしているのを見ているだけではありませんよ。保育士は、ドッチボールのルールを知らせたり、長縄を回したり、結構体力がいります。
12:00~13:00 給食と後片付け。配膳や食べない子どもへのフォローもありま            す。保育士は、早食いが職業病です。
13:00~14:30 昼寝 0~3歳、4歳の1学期くらいまでの園もあります。4歳後半~5歳は、昼寝はありません。5歳は、この時間帯に、クラスでの設定保育があります。また保育士は、連絡帳を書いたり、交代で休憩をとったりします。5歳の保育士が休憩できるように、フリーの先生が応援にきてくれることもあります。
15:00~15:30 おやつ
15:30~16:00 飼育当番や部屋のかたづけを子どもとする
16:00~16:30 帰りの集い 紙芝居や絵本をみたりします。
16:30~18:00 お迎えがきた子どもから帰ります。6時ごろまで、自分のクラスで過ごします。最近は、残っている子どもが多くて、帰りの集いをしたあとに、もうひと遊びという感じです。
18:00~20:00 人数が減ってきた頃を見計らって、ひとつの部屋に子どもを集めます。ここから、遅番担当の保育士が子どもを見守ります。

 

通園バスがある園や、園の保育内容によって、さまざまな違いがありますので、ここに挙げたのは、ほんの一例です。就職したい園のホームページを見て、一日の過ごし方を確認して下さいね。

 

 

ちなみに、行事前になると、子どもが少なくなった17:00頃から、会場準備や会議が始まるところもあります。

 

仕事の拘束時間が長くならないように、保育園側も考えていると思うのですが、普通番で6時に帰れる日など、ほとんどありません。

 

もうちょっと保育士の健康を考えてほしいな~と、心から願っています。

 

関連記事

  1. 保育園のICT化って何?
  2. 夏の参議院選で、保育士の待遇が争点に!
  3. 幼稚園でも待機児童の受け入れを・・・
  4. 潜在保育士の研修会とは?
  5. 1000円以上の高時給求人が 増えてきました!
  6. 保育士さんの待遇改善が いよいよ始まる!?
  7. 保育ママって なあに?
  8. 保育士さんの収入は?
  9. いま なぜ こども園なのか
  10. どうなる?認定こども園