公立保育所と私立保育園 認可保育園と認可外保育園

公立保育所と私立保育園 認可保育園と認可外保育園

hoikushican_014

公立保育所は市町村が運営している所で、私立保育園は民間が経営している所です。

 

私立保育園の中には、「社会福祉法人」という名前がついているところがあります。これは保育園が「法人」になったという意味で、自営業からもう少し大きな会社になったという感じです。

 

また、公立・私立の他に、「認可保育園」「認可外保育園」と保育所はいろいろな種類があります。

 

 

 

●保育園ふたつ 認可保育所と認可外保育所と看板のようなもの

「認可保育所」というのは、国の定めた保育施設の設置基準を満たしている保育所です。国や市町村から運営費の一部がもらえます。

 

入所の申し込みなども、市役所でします。公立保育所も認可保育所のひとつです。私立保育園でも、設置基準を満たしている保育園は認可保育所です。

 

「認可外保育所」は、設置基準に満たないけれども、保護者のニーズに合わせて保育園を開設しているところです。

 

例えば、駅前などの便利な場所に子どもを預けたいという保護者もいます。子どものためには、室内が広くて、庭もある保育園がいいのですが、遠いと大変ですよね。そういう場所の決まりや保育時間の決まりを、自由に考えられるのが「認可外保育所」です。

 

最近になり「民間で出来る仕事は、民間でするほうがいい。」という考え方が広まってきました。ちなみに小泉純一郎首相が目玉にしていた「郵政民営化」もそのひとつです。保育園も民間の人が経営しやすいようになってきました。

 

では、公立保育所がいらなくて、私立保育園をたくさん増やせばいいかというと、ちょっと違います。

 

公立保育所が預かっている子どもたちの中には、保護者が病気のため生活保護を受けていたり、育児放棄ぎみで児童相談所に相談している子どもがいます。私立保育園にも、家庭にしんどさがある子どもはいますが、公立保育所は、特にしんどい事情をもつ子どもたちを見守っていく場所です。

 

例えば、公立保育所は、入園のときに、個人の持ち物(制服やハサミ、のり、粘土など)を保護者に購入してもらうことはありません。全て園の備品です。保護者への金銭面での負担は、できる限り抑えられています。

 

保育士も、緊急の時に限りですが、家まで子どもを迎えにいく場合もあります。家で、ご飯を食べさせてもらえない子どもや、親が保育所に連れてこない子どももいるのです。

 

 

 

●赤ちゃんと保育士 あたたかい雰囲気で

こういった福祉的な支援は、公立でないと難しいでしょう。私立保育園は、いくら国や市町村からの補助金があっても、経営ができないと潰れてしまいます。

 

公立保育所は、市民の、そして子どもたちの「福祉」の場所です。これからの保育園は、民間でやれるところは私立保育園が担当し、本当に困っている子どもたちを救う場所として公立保育所があるというように、なっていくでしょう。

 

そして、公立保育所でもカバーしきれない子どもたちを見守る、認可外保育園もあります。例えば24時間の保育園や生後2ヶ月頃から預かる保育園などです。子どもにとってはしんどい状況ですが、どうしても預かってもらえる場所がない場合もあります。

 

さまざまな保育園があることを紹介しました。希望の保育園が、どんな役割をもっているかを、ぜひ調べてみてくださいね。

 

関連記事

  1. 保育園のICT化って何?
  2. 夏の参議院選で、保育士の待遇が争点に!
  3. 幼稚園でも待機児童の受け入れを・・・
  4. 潜在保育士の研修会とは?
  5. 1000円以上の高時給求人が 増えてきました!
  6. 保育士さんの待遇改善が いよいよ始まる!?
  7. 保育ママって なあに?
  8. 保育士さんの収入は?
  9. いま なぜ こども園なのか
  10. どうなる?認定こども園