短大、専門学校、四大 どれがいいの?

短大、専門学校、四大 どれがいいの?


保育科のある養成校には、四年制、短期大学、専門学校、通信課程があります。

 

どこに通っても、取得できる保育士の資格は同じです。

 

ちがいがあるとすれば、一緒に取れる資格の種類とそれにかかわるカリキュラム(授業内容)です。

 

 

それぞれに、メリットがありますので、まとめてみますね!

 

短期大学の保育科に入学する

保育科のほかにも、幼児教育学科、こども学科など、さまざまな呼び名が付いていますね。短期大学部の保育学科は、「幼稚園教諭の免許を取る」というところから出発した学校と「保育士の資格を取る」というところから出発した学校とがあります。

 

大まかにですが、「幼児教育」という名前の学校は、子どもの「教育」を考えるカリキュラムが充実していたところで、「保育」や「福祉」という名前のところは、子どもの福祉を考えるカリキュラムが充実していたところだと考えて下さい。

 

 

現在は、「教育」「福祉」どちらもの資質を持っていることが望ましいので、呼び名は違っても、幼稚園教諭免許・保育士資格の両方がとれれば、問題はありません。もし、こだわるとすれば、実習の行き先です。

 

幼児教育学科の中には、「小学校教諭二種」の資格を取るため、実習先が小学校ということがあります。

 

しかし、現実には、教員採用試験の合格者の多くは四年生大学卒で、短期大学卒で小学校の教諭になれる人は、ごく少数です。

 

ですから、短期大学では、「保育士資格」と「幼稚園教諭免許」にねらいを定め、実習も両方を体験できるような学校にいくのが、後々役に立ちます。(小学校教員が希望の方は、四年制大学への編入を考えて下さいね。)

 

 

 

保育学科の場合、「幼稚園」にはいかずに、「保育園」「児童養護施設」など福祉にかかわる実習先が多くなります。「幼稚園」も実習に行けるようであれば、必ず希望しましょう。

 

短期大学の一番のメリットは、就職です。保育士になりたい人には、長年の信頼と実績のある学校や地元の学校には、多くの求人が集まります。

 

ですが、例えば「実習にいって、できるかどうか不安になった。」という人もいます。

 

 

 

そんなときに、短期大学には他の学科もありますので、求人も幅広く集まってきています。保育学科の学生でも、ちがう業種に就職を決めることが出来るというのも、メリットといえます。

 

保育士をしている人の多くは、短期大学を卒業した人です。実際に仕事をしながら覚えていく仕事でもありますので、四年制大学卒より短期大学卒が多いのも、保育園の特徴です。

 

 

 

四年制大学の保育学科、幼児教育科に行く

保育士の現場では、短期大学卒で早く実務を積む人が、現在は主流になっていますので、四年制大学に行く場合は、何かプラスアルファになるような、資格や経験があるといいでしょう。

 

例えば、「臨床心理士」「特別支援教育教諭」などは、今、現場で切実に求められています。「小学校教諭一種」「幼稚園教諭一種」など教育の資格が取れる学校もあります。

 

四年制大学卒の方は、保育園以外にも、児童養護施設や子どもの発達相談、学校カウンセラーなど、より専門性の高い職業につくことも出来ます。

 

 

大学を選ぶときに気をつけてほしいのが、カリキュラムの内容です。

 

短期大学や専門学校と違い、もっと幅広くじっくりと学べるのが四年制大学のメリットですが、保育士になりたいのに、「保育園」にいく実習がなかったり、保育にまつわるカリキュラム(例えば、子ども向けの手遊びなどを教えてもらう等)が少なかったりすることがあるからです。

 

 

保育士になりたい人は、必ず保育園に実習に行くようにしてください。

 

もし、実習先に保育園がない場合は、ボランティアやアルバイトなどで、0~5歳児の子どもたちと実際にふれてみましょう。

 

資格についてはたくさん取れるメリットがあるのですが、実際に0~5歳児の子どもとかかわった経験があるかないかで、四年制大学卒の就職は変わってくると思います。

 

 

 

専門学校に行く

専門学校のメリットは、「保育」に焦点をあわせていることです。ですから、すぐに現場で役立つ内容を集中して学ぶことが出来ます。

 

また、入学しやすい点もメリットの一つでしょう。

 

就職して、現場に立つと、出身大学の偏差値や学校名などは、ほとんど効力がありません。どの仕事についてもそうだと思いますが、新人として仕事を覚えていく間は、理論よりも、いかに早く、器用に製作物を仕上げるか、子どもたちの前で楽しい手遊びや紙芝居がでるかということの方が、大変役に立ちます。

 

ですので、専門学校に行く場合は、自分のなかで「保育士になりたい」という思いが十分に固まっていることを確認して下さい。他の業種も考えている場合は、短期大学がいいでしょう。それから、幼稚園の免許もとれる専門学校を選ぶことです。

 

 

 

現在、保育園は、幼稚園と保育園の両方の機能を持つ「総合子ども園」になる園が増えています。ですから、保育士資格だけの人に、幼稚園の免許も取るように、勧める保育園もあります。

 

ところが、幼稚園免許は、通信講座ではとれないため、また学校に行かなければならないということになります。もちろん学費もいります。

 

専門学校だけでなく、短期大学、四年制大学希望の方も、ぜひ「幼稚園」「保育士」の両方がとれる学校へ進学してくださいね!

 

 

関連記事

  1. 保育士試験が年2回に!
  2. 保育士試験が、年2回になる!
  3. 子育てしながら、保育士資格を取ろう!
  4. 独学で保育士試験を受験するには・・・
  5. 保育士試験の実技って?
  6. 私の勉強法を大公開
  7. 通信講座で学ぶ際のオススメポイント
  8. 通信講座で学ぶメリット
  9. 保育士さんを養成する学校に行こう