通信講座で学ぶメリット

通信講座で学ぶメリット


通信講座は独学に比べてメリットがいっぱいありますので、まとめてみますね!

答案が添削されて返ってくる

 

月に1度でも、答案を添削してもらうことは、勉強のモチベーションを上げるのに役に立ちます。

 

「次の答案には、どんなコメントが書いてあるかな。」と、楽しみに待つ気持ちが生まれてくると、「次の月は、ここまで勉強をすすめよう。」と意欲的になります。

 

 

独学ですと、自分の頑張りを見てくれる人がいないので、つい「もう今日は、勉強しなくてもいいか。」という気持ちになりやすいのです。添削は、わからないことをすぐに質問できるというメリット以上に、勉強のモチベーションアップに役立ちます。

 

 

 

どこまで学習したらいいか、計画が立てやすい

保育士試験は、8教科もあり、教科の内容も幅広いです。テキストもかなり分厚く、一日数時間の学習をしても「まだこんなにある!」という気分になります。

 

また、独学だと、1教科を終わらせてから次の教科にとりかかるか、まんべんなく8教科を学習するか、最初は4教科からはじめるかなどの学習の計画を立てるのが、とても難しいのです。

 

ですが、通信講座では、一日どれぐらい進んだらいいかを、テキストを見ながら決めることが出来ます。8教科をまんべんなく学習できれば、1年で資格を取得することも出来ます。計画の立てやすさや、学習のばらつきをなくすというメリットも大きいでしょう。

 

 

 

合格した人や、受験生たちの声が聞ける

勉強中は誰しも「こんなに頑張ったのに、試験に合格できなかったらどうしよう。」「試験に合格しても、就職できるかな?」という気持ちになります。

 

そんな時に、おなじ通信講座を受講している人の声は、心の支えになります。社会人から保育士試験に合格し、現在働いている人や、保育士試験を勉強をしている人がいると思うだけで、がんばる気持ちが湧いてきます。

 

 

 

 試験の情報が入ってくる

実際に、試験を受けた人のレポートはとても大切な情報源です。試験の内容もですが、受験の手続き、当日の試験会場の雰囲気、気をつけることなど、受験生の生の声を聞いておくことで、試験対策も万全になります。

 

特に実技試験の様子は、誰もが気になるところですよね。こういった試験の情報が入ってくるのも、通信講座のメリットです。

 

私は、幼稚園教諭免許を持っていたので、社民協のテキストと問題集を使って独学で試験に臨みました。でも、試験勉強中は、「やっぱり通信講座にしておけばよかったかな~。」と何度も思いました。それくらい一人で勉強するのは苦しくて、「もうヤメた!」と何度も鉛筆を投げていました。

 

 

友人や、保護者さんの中には「保育士免許を取りました。」という人もいましたが、養成校出身でもなく、家事や育児と両立しながらどうやって試験勉強をしていたのかなと驚くばかり・・・。みなさん通信講座を受講されていました。

 

独学でも、テキストや問題集を購入したりする費用がいりますので、結局、通信講座はおトクなのではないかと思います。

 

 

関連記事

  1. 保育士試験が年2回に!
  2. 保育士試験が、年2回になる!
  3. 子育てしながら、保育士資格を取ろう!
  4. 独学で保育士試験を受験するには・・・
  5. 保育士試験の実技って?
  6. 私の勉強法を大公開
  7. 通信講座で学ぶ際のオススメポイント
  8. 短大、専門学校、四大 どれがいいの?
  9. 保育士さんを養成する学校に行こう