若者は正職員を目指そう! 正規職員の採用には年齢の上限がある!

保育士の資格・試験・通信講座・求人・仕事・悩みetc、なぜなに?質問館 > 就職・転職編 よい就職・転職を! > 若者は正職員を目指そう! 正規職員の採用には年齢の上限がある!

若者は正職員を目指そう! 正規職員の採用には年齢の上限がある!


見事に保育士の資格を取得された皆さん。おめでとうございます!!

 

いよいよ就職先を探すことになりますね。

 

新卒の方、それから20代前半の若い方々には、保育園や幼稚園、児童養護施設など、どこでもいいので、ぜひ「正規職員」として就職し、クラス担任を持たれることをオススメします。

 

まだ若い先生方は、体力、気力も十分に備わっています。

 

 

現場にたつと、1年目、2年目あたりは、子どもたちが全く言うことを聞いてくれないとか、保護者が初任の先生を不安がるというような、マイナス面が先行しますが、仕事に慣れてくると、いろいろなことが出来るようになります。

 

本人たちは、なかなか自分の実力が伸びないと思って悩むことも多いのですが、実はこの時期に吸収していることは、ものすごく多いのです。

 

特に、20名~30名のクラスの担任を経験しておくことは、とても大切だと思います。

 

 

 

例えば、転職した場合に「以前の園では、○歳のクラス担任をもっていた。」というだけで、現場では「経験がある。」というように判断されます。できれば、乳児さん(0~2歳)幼児さん(3~5歳)どちらものクラス担任を経験することが望ましいでしょう。

 

保育現場ではあまり使わない言葉ですが「キャリアの形成」ということでしょうか。

 

クラス担任をもつからには、やはり正規職員として採用されるほうが良いでしょう。

 

クラス担任は、保育士の醍醐味でもありますが、仕事内容も多く、プレッシャーもあります。それだけの仕事をするのですから、お給料や、福利厚生(産休・育休など)といった待遇面で、少しでも納得がいくものを選んだほうがいいと思います。

 

保育士はもっと地位向上しても良いと思うのですが・・・。 これからそうなっていくといいですね!

 

 

 

今のところ、保護者さんの月謝が財源のひとつであるため、むやみに人件費を上げると、月謝も上げることになります。そうすると保育園に預けられない親がでてきてしまうというわけで、人件費の値上げには、どこも慎重です。

 

保育園というのは、福祉と教育の場であるので、儲けることが第一ではない仕事でもあります。

 

そんな中で、正規職員は、臨時の職員(派遣・パートもふくめて)より、待遇が格段に良いのですが・・・

 

 

 

正職員の採用には、年齢制限があります

公立の場合は、採用を担当する市町村によって違いますが、おおむね20歳~25、6歳までしか、職員採用試験を受けられません。

 

私立の場合は、その園の考え方によってなのですが、若くてバリバリ働ける人が好まれます。採用枠も新卒~23歳くらいまでです。

 

これを聞くと、ええっ~と思われるかもしれませんね。

 

そうです!保育士不足にもかかわらず、正職員の採用枠は狭いのが、今の現状です。

 

 

 

若いみなさんは、正規職員の採用試験に、どんどんチャレンジしてくださいね。これからの保育を担っていく貴重な人材です。

 

給料や福利厚生はもちろん、人間関係や園の方針など、自分と相性のいい長く勤められそうな園を見つけてほしいと思います。

 

 

関連記事

  1. 保育士派遣・紹介会社へ登録しよう!
  2. 保育士の転職・求人情報は、ここでみつけよう
  3. 保育士さん 復職して!! 国がさらなる支援策を発表
  4. 病児保育・病後児保育ってなあに? ~パート3~
  5. 病児保育・病後児保育って、なあに? ~パート2~
  6. 病児保育・病児後保育って、なあに? ~パート1~
  7. 公立保育所の民営化って なあに?
  8. 保育の現場を詳しく知りたい! ~人材紹介・派遣会社のHPを利用しよう!~
  9. 保育士紹介会社のメリット
  10. 保育士派遣会社のメリット