ハローワークを利用しよう!

ハローワークを利用しよう!


新卒の学生さんは、養成校の就職課が、仕事探しの情報源になると思いますが、見逃してはもったいないのは、ハローワークです。

 

社会人や転職組は、よく知っているハローワークですが、新卒、第2新卒にむけての求人も多数掲載されています。

 

 

採用する側の保育園は、ハローワークや地元の学校、または以前に職員を採用した学校などに求人を出します。養成校は多数あるので、全部に求人を出しているというところは、意外と少ないと思います。

 

ですので、求人が「学校にこない=採用がない」と思い込まずに、ハローワークで探してみましょう!

 

 

 

ハローワークに求人を出すということは、保育園側も、出来るだけ多くの人の中から、採用をしたいと思っているということです。試験を受けたいと言えば、「反応があった!」と喜ばれるはずです。

 

ハローワークの求人は、インターネットから簡単に見ることが出来ます。家にいながら全国の求人情報を見ることができますし、持っている資格から仕事を検索することもできます。フルタイム、パートなど、自分の働きたいスタイルから検索できるのも、魅力です。

 

家で検索して、気に入った求人が見つかった場合、早めに近くのハローワークに行ってみましょう。求人を見て応募したいと伝えると、どのようにしたらいいかを教えてくれますので、一人で悩まなくてもすみます。

 

一度行ってみると、ハローワークがいかに便利かを実感することが出来ます。

 

 

 

また、ハローワークでは、採用試験のときに理不尽な質問をされたり(例えば、親の収入など、本人の資質とかけ離れたこと 等)、求人の内容と、実際の仕事内容・待遇が違うなどの法律違反があったりした場合、採用側を行政指導することが出来ます。

 

ですので、ハローワークにでる求人というのは、信用度が高く、求人を出す側にも、きちんとした採用担当者がいると思ってもいいでしょう。

 

私立園の正規職員の募集は、7~8月ごろと、かなり早いです。毎日マメにチェックをしてみましょう。

 

公立園の正規職員の募集は、各市町村によってちがいますが、おおむね7~8月頃です。公立園の正規職員の募集は、市の広報やホームページなどに詳しく掲載されます。こちらのチェックも見逃さないようにしましょう。

 

公立・私立園ともに、9月~3月頃に、追加で募集が出る場合もあります。これは、合格者の方が複数の園に受かってしまい、一方を断ったというケースが多いと思われます。

 

一度だめだったからとひるまずに、必ず再チャレンジしてください。

 

 

 

採用側は、何度も採用試験をしている余裕はありませんから「ぜひ、この園に就職たい! 」という気持ちが伝われば採用となりますし、前回に落ちたことなど全く気にする必要はありません。

 

パート希望の方々は、もちろん!ハローワークが一番の頼りです。年度が変わる2月~3月は、すごい数の保育士の求人が掲載されます。

 

4月に入ってからも、預かる子どもさんの数や、子どもさんの様子に合わせて、保育士を補充していく場合もありますし、産休・育休代替などもあり、現在、子どもの多い地域では、いつでも保育士の求人が出ている状態になっています。

 

ハローワークを利用して、ぜひ働きやすい職場を見つけてほしいなと願っています。

 

 

関連記事

  1. 保育士派遣・紹介会社へ登録しよう!
  2. 保育士の転職・求人情報は、ここでみつけよう
  3. 保育士さん 復職して!! 国がさらなる支援策を発表
  4. 病児保育・病後児保育ってなあに? ~パート3~
  5. 病児保育・病後児保育って、なあに? ~パート2~
  6. 病児保育・病児後保育って、なあに? ~パート1~
  7. 公立保育所の民営化って なあに?
  8. 保育の現場を詳しく知りたい! ~人材紹介・派遣会社のHPを利用しよう!~
  9. 保育士紹介会社のメリット
  10. 保育士派遣会社のメリット