パート保育士になる! ~主婦にぴったりのお仕事です~

パート保育士になる! ~主婦にぴったりのお仕事です~

パート保育士とは、時間給で雇用されている保育士さんのことです。

 

8時間勤務が理想なのですが、現在は人手不足のため4時間~6時間勤務で募集されているところもあります。また、朝7時~9時、夜5時~7時くらいまでの早朝・夕方の保育を担当する人を募集している場合もあります。

 

 

時給は園によって異なりますが、現在は1000円ぐらいでしょうか。資格のいる仕事ですので、他の仕事に比べると高くなってきました。

 

 

この仕事のメリットは、なんといっても「子育ての経験が役に立つ。」ということです。

 

主婦が再就職する場合、子どもがいることが嫌そうにする会社ってあるのですよね。しかし、保育所では子どもがいることを大歓迎してくれます。私も、一緒に働いてきて感じるのですが、専業主婦だった人に向いているのが保育士です。

 

 

なぜかというと、例えばオムツをかえたり、食事の世話をしたり、口から吐いてしまったものを始末したりといった、汚れる仕事もかなりあります。

 

私も正直に言えば、慣れるまでけっこう大変でした。主婦の方は、たいてい嫌がらずにさっとやって下さいます。それから、保育室や共同のスペースを掃除して、家庭的な雰囲気をつくることも上手です。

 

子育て経験者なら、さらに子どもの躾やケガの手当てなどもわかりますので、頼りにされます。

 

パート保育士は、雇用される園によって仕事の内容が変わってきます。採用のときに、どんな仕事をするかを良く聞いておきましょう。

 

 

 

まず8時間勤務のパートさんは、担任をもつ場合もあります。担任の補助であっても、書類書きや、行事に向けての保育指導(例えば歌や運動など)を任されることもありますので、注意しましょう。

 

なぜなら、本来こういった仕事は正職員がするものなのです。仕事の内容も多くて、残業の可能性もあります。また、運動会などの行事が土・日にある場合、出勤することになります。高時給でも、わりに合わないと考える人もたくさんいます。

 

4~6時間のパートさんは、8時間よりは仕事が少ないです。ですが、仕事の性格上、時間ぴったりに帰れないことはあるかもしれません。保育経験がない人や、ブランクがある人は、短い時間のパートからはじめると保育園の仕事が分かりやすいと思います。

 

 

 

早朝・夕方保育を担当する保育士は、0~5歳児をひとつの部屋に集めて保育をします。

 

一人ではなく、正職員の保育士が一緒にいてくれる場合が多いです。朝はだんだんと子どもが増えていき、夕方はだんだんと少なくなっていくので、子どもたちが室内で遊んでいる様子を見守っているのが仕事になります。

 

土曜保育を担当する場合も、子どもたちが安全に過ごすことが一日のメインになりますので、何かを教えるということはあまりありません。

 

早朝・夕方保育や土曜保育は、保育の仕事を学びたいと思っている人には、あまり向きませんが、保育士免許を使ってアルバイトをしたい人や、年配の人に向いていると思います。

 

また、8時間勤務が出来る人は、公立保育所の臨時職員や嘱託職員になるという方法もあります。市町村によって違いますが、月給制で有給休暇や時間外勤務手当がつくなど、パート保育士よりも良い待遇です。毎年1月頃に市の広報誌などで募集され、面接の試験があります。

 

 

 

仕事内容は正職員並みです。担任を任されることも多く、仕事量が多いのが難点ですが、数年間雇用されることもあります。

 

いろいろな雇用の方法がありますが、自分の希望に近い働き方ができるといいですね。

 

40代50代の主婦でも登録OKという紹介所もあります。
→ 「保育士の転職・求人情報は、ここで見つけよう」


関連記事

  1. 保育士派遣・紹介会社へ登録しよう!
  2. 保育士の転職・求人情報は、ここでみつけよう
  3. 保育士さん 復職して!! 国がさらなる支援策を発表
  4. 病児保育・病後児保育ってなあに? ~パート3~
  5. 病児保育・病後児保育って、なあに? ~パート2~
  6. 病児保育・病児後保育って、なあに? ~パート1~
  7. 公立保育所の民営化って なあに?
  8. 保育の現場を詳しく知りたい! ~人材紹介・派遣会社のHPを利用しよう!~
  9. 保育士紹介会社のメリット
  10. 保育士派遣会社のメリット